--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.13

欧文書体2

欧文書体 2 定番書体と演出法(タイポグラフィの基本BOOK)欧文書体 2
定番書体と演出法(タイポグラフィの基本BOOK)

(2008/08/22)
小林 章

商品詳細を見る

欧文書体―その背景と使い方 (新デザインガイド)」に続く第2弾で、
定番の欧文書体の成り立ちと効果的な使い方について書かれています。

すべてに目を通したわけではないのですが、
実際に海外で欧文書体が使われている事例がカラーで紹介されているので、
その写真を見ているだけでも、街を歩いているような楽しさがあります。

高級感を演出する書体、親近感を演出する書体、機能的なイメージの書体など、
シーン別の書体の選び方や使い方は、
カリグラフィーの作品を創るときのヒントになりそうです。


最近ほとんどペンを持っていないけど・・・泣
眺めているだけじゃなく、手を動かさないとね・・・
スポンサーサイト

2006.01.06

欧文書体 その背景と使い方

つくづく文字って奥が深いなぁと最近感じています。

4568502772欧文書体―その背景と使い方
小林 章

美術出版社 2005-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は文字のなりたちや、欧文書体を知るところから始まり
時代やお国柄、雰囲気等から欧文書体を選ぶ方法、
一歩進んだ欧文書体の楽しみ方と続いていきます。

いわゆる書体の見本帳ではなく、
実際にどう使っていくのかという部分がとても丁寧に書かれていて
読んでいるだけでも楽しいです!

それに、時々出ているロンドンの看板の写真や
看板職人(なんて素敵な響き!!)の話をよんで
またまたロンドンに行きたくなってしまいましたぁ。

一方で欧文書体を学ぶと、より漢字やひらがなのことを知りたくなるのが不思議です。

他の国のことを学ぶ前に、自分の国のことを知る。
とても大事なことだと思います。

Lilypie Third Birthday tickers

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。