--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.27

FORGOTTEN SAGA

FORGOTTEN SAGA

FORGOTTEN SAGA
(2000/10/12)
和泉宏隆

商品詳細を見る


和泉宏隆さんのピアノソロ。
ピアノの音があまりにも美しくて、心を揺さぶられます。
何度きいても泣ける。


このアルバムの楽譜はすでに廃盤になっているのだけど、
フレッシュがオークションで落札してくれました!

おこがましくも、このメロディーを奏でてみたいと思って。
久しぶりにピアノに触れてみようかな。
スポンサーサイト

Posted at 02:00 | 音楽・映画 | COM(1) | TB(0) |
2007.06.27

最近のBGM

6 to 10 morning 6 to 10 morning
和泉宏隆 (2002/04/24)
Misty Fountain

この商品の詳細を見る

1ヶ月健診まではほとんど外出をせず、家に居る時間がほとんどなので、
いろんな音楽をかけています。

最近よく聴いているのは『和泉宏隆さん』の時間シリーズ。
どれもピアノのみですが、風景がぱあっと浮かんでくるような美しさ!
素晴らしいです。

そしてとても懐かしいような感じ。

14 to 18 afternoon / 和泉宏隆
18 to 22 evening / 和泉宏隆
22 to 26 midnight / 和泉宏隆

全部で4種類。おススメです♪
Posted at 18:38 | 音楽・映画 | COM(0) | TB(0) |
2007.02.02

敬愛なるベートーヴェン

敬愛なるベートーヴェンという映画を観ました。
(公式ページはこちら。※音が出ますのでご注意ください。)
1824年ウィーン。“第九”の初演を4日後に控えたベートーヴェン(エド・ハリス)のアトリエに、若き女性アンナ(ダイアン・クルーガー)がコピスト(写譜師)として訪れた。期待に反し、女性のコピストが来た事に激怒するベートーヴェンだったが、次第に彼女の才能を認め、“第九”の作曲を支える存在となる。そして、遂に“第九”初演の日、耳の聴こえぬ恐怖を抱えながらも、オーケストラを指揮するために、ベートーヴェンは指揮台に立つのだった…。
こちらより引用

ストーリーそのものよりも楽譜を羽ペンで清書する場面や
壁にかけられているカリグラフィー風の文字に釘付け。

印刷技術なんてまだない時代だから、楽譜もすべて手描き。
それがあったから何百年たった今でもベートーヴェンの楽曲を
再現して聴くことができるんだなぁと、変なところに感動してしまいました。

ピアノをやっていた頃、
楽譜どおりにしか弾けないクラシックピアノなんてつまらない
と思っていた自分がちょっと恥ずかしくなりました…。

楽譜から作曲家の想いを読み取る、
ちっともその境地にすら達していないのに、ね。


劇中の、”第九”演奏のシーンは圧巻!

何故か母校の高校では卒業式に原語で第九を歌う習慣があり、
そのことを思い出しました。
Posted at 20:24 | 音楽・映画 | COM(2) | TB(0) |
2006.12.31

BONNIE PINK in 紅白歌合戦

いつからだろう?紅白を見なくなったのは・・・
この時期はプレミアリーグの試合がたくさんあるので、
そちらを見ていることが多いです。

でも今年はBONNIE PINKを見なければ。
デビュー10年目にして初の紅白出場おめでとうございます。

・・・

見た。

BONNIE、緊張してたみたい。
1曲だけ歌うところを見たところであっという間だったし、
コレと言って感慨もなく・・・。まぁ、こんなものかな。


バックもほとんどはツアーのときのメンバーだったけど、
さすがにドラムはおらず、いつもはパーカッションのNANAちゃんが。
そして、久しぶりにギターは、夫の大学時代の
サークルの先輩が弾いていました。

今年もあと少しで終わり。
来年も良い年になりますように!!
Posted at 22:49 | 音楽・映画 | COM(0) | TB(0) |
2006.10.22

HOME

ここのところ、あまりPCに向かう気分ではなく、
webを見ていても、ただ開いているだけで内容が入ってこないような。

秋だから、でしょうか・・・?

季節が変わると聴きたいと思う音楽も変わってくるような気がします。
最近急に聴きたくなったのがこちら↓↓↓

ホームホーム
ザ・コアーズ (2005/09/28)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


購入した当初は、それまでのポップな路線に比べると
アイリッシュ・トラッド色が強くて、地味な印象だったのですが、
あらためて聴いてみたらとても落ち着いていて心に染み入る曲ばかり。

なるほど『Home』というタイトルがつけられているのがよくわかる名盤です。
秋の夜、暖かい飲み物と一緒にゆっくりしたいときにおススメです。



Posted at 22:16 | 音楽・映画 | COM(3) | TB(0) |
2006.09.26

TOUR 2005 "Golden Tears"

TOUR 2005“Golden Tears” TOUR 2005“Golden Tears”
BONNIE PINK (2006/08/23)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る

このDVD、東京公演の様子が収められているのですが、
extra映像として各地のツアーをスナップ的に撮影した、
ドキュメンタリーオフショットが収録されているのです。
(本編を観ずにこちらを観ている(笑))

そこになんと!

札幌会場で、ワタクシしっかり映っておりました~♪
ほんの一瞬だけど。

確かにそこに居た、という証のようで嬉しくなっちゃいました。

やっぱりライブはいいねぇ。
Posted at 21:24 | 音楽・映画 | COM(3) | TB(0) |
2006.09.22

EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006

今まさに最終オーディションの真っ最中なんですね。

VOCALのATSUSHIくんは同郷で、
その昔同じピアノの先生に習っていたんです。

すっかり立派になって・・・(涙)


影ながら応援しています。
Posted at 20:16 | 音楽・映画 | COM(2) | TB(0) |

Lilypie Third Birthday tickers

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。