--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.20

レイモン・サヴィニャック自伝

レイモン・サヴィニャック自伝レイモン・サヴィニャック自伝
(2007/11)
レイモン・サヴィニャック

商品詳細を見る

お気に入りのフランスのポスター作家サヴィニャック。
1975年に書かれた自伝の邦訳版が発売されました。

イラストがカラーなので見ているだけでも楽しいですが、
今回ゆかりの地を巡る地図もついているので、ちょっとした旅気分を味わえそうです。

前回のレイモン・サヴィニャック フランスポスターデザインの巨匠も見ごたえがありましたが、
自伝でより彼の世界観を見ることができそうでとても楽しみ!


雪が降り、本格的な冬ももうすぐ。
暖かい部屋でコーヒーを読みながら読みたい本です。
スポンサーサイト

2007.05.28

美の壷 千代紙

たまたまNHK教育テレビでやっているのを見ました。
(美の壺、番組のページはこちら、見た回の説明はこちら

千代紙は木版を用いて和紙に一枚一枚刷られてきたそうです。

とても興味深かったのが「空(から)刷り」
「空(から)刷り」とは、版木に色を載せず凹凸を付ける木版の技法。
番組内では団扇(うちわ)の骨の部分が溝になっている様子が紹介されていました。
色ではなく、凹凸だけで表現するなんて、すごいなぁ!


もうひとつはその色彩。
まずは絵師が下絵を描いて、その下絵に命を吹き込んでいくのが彫師。
(絵師、彫師なんて、素敵な響き。)
1枚の千代紙を完成させるのに、何枚もの板木と色が使われている様子が紹介されていました。

そして「色変え」もなるほど~、と思いました。
同じ版木を使って違う色に刷ることを「色変え」というそうです。

例えば
①の方は昭和初期に刷られたもの、②は平成17年に刷られたもの。
同じ柄なのに全く印象が違いますね~。

ずっとその工房で色を変えながら150年に渡って受け継がれてきた柄だそうです。
良いものは時代を経ても色褪せず、受け継がれていくものだなんですね。


見ていない方にはなんのことやら分からないエントリ(^-^;)
でも思いがけずいい内容の番組に出会ってちょっと嬉しかった!
2007.05.01

ロバート・サブダ しかけ絵本の世界展

札幌西武で開かれている『ロバート・サブダ しかけ絵本の世界展』
を観にいってきました。(詳しくはこちら

20070501192902.jpg 20070501192927.jpg

試行錯誤しながらパーツを作成するサブダ氏の様子や、
代表作である「不思議の国のアリス」が通常より大きいサイズで再現されていて
子供だけでなく大人も楽しめるような内容だなぁと思いました。

立体的に飛び出すように創ることもすごいですが、
本を閉じたときにちゃんとその中に納まるのもすごい!

そしてサブダ氏ひとつの特徴として、以前カードでご紹介した
クリスマスシリーズ(こちらこれあれ)などは
敢えて立体部分を白い紙で使うことで、光と影の美しさを際立たせている、
という説明がされていてそれがとても印象的でした~♪
2007.02.12

Luis Barragan House and Studio

自分のためのメモ。

以前の記事に書いた「ルイス・バラガン邸」のことが
2月18日に世界遺産で放映されるそう。
(現在トップページに情報が出ています。)

また映像として見られるなんて、とても楽しみ♪

◇世界遺産 「メキシコ・ルイス・バラガン邸と仕事場」
2月18日(日) 23:30~24:00
メキシコ市郊外にある建築家ルイス・バラガン邸を紹介する。
この邸宅は光と色彩を巧みに操る巨匠バラガンの集大成で、
世界の名だたる建築家に多大な影響を与えてきた。
彼が建築で使用するのは赤や黄色、青など主に8色で、ピンクは最も顕著に見られる。
これらの色は窓から見える緑色を最大限に生かすよう配色されている。
また外界との遮断にこだわった彼は静寂を追求し、自分が楽しめる空間をつくり上げた。

2007.01.23

うさこちゃんのお皿 第2弾 

2007012301.jpg 2007012302.jpg
うさこちゃんのお皿、第2弾です~♪(第1弾はこちら
ようやく交換して来ました~。
これまたとんがり耳で嬉しい♪

近くにも別のコンビニがあるのに、わざわざ遠いローソンへ
行ってしまうなんて、まんまと戦略に引っかかってますねぇ。(汗)

ゆきのひのうさこちゃんうさこちゃんのたんじょうび
Dick Bruna 石井 桃子Dick Bruna 石井 桃子
000922750000.jpg002209620000.jpg

キャンペーンは今日で終了です。
合わせて絵本も欲しくなってしまいます・・・(^-^;)

このお皿、入っている箱も色違いでかわいいんですよ!
いわゆるブルーナカラーですね♪
2007012303.jpg

まだ今後も続くのでしょうか・・・?
2007.01.11

CASA BARRAGAN

何気なく入った喫茶店でこの本に遭遇しました。

カーサ・バラガン カーサ・バラガン
齋藤 裕 (2002/04)
TOTO出版

この商品の詳細を見る

昔『北野武と色彩の魔術師たち』というTV番組の中で見て、
強烈な印象に残っている、ピンクに塗られた壁。

もしピンク色の壁が日本の街中にあったら、かなり浮いてしまうだろうけど、
メキシコの空間の中では、この色しかない!というくらいしっくりきていました。
(行ったことないけど。)

象徴的なものとしてピンクの壁を紹介していたのですが、
他にも原色に近い赤や黄色、青の壁で仕切られた空間や建築物が紹介されていて、
『色』に対する興味をより深めるきっかけに。

その衝撃をこの本を見てまた思い出しました。

この番組いつごろだったかなぁと調べてみたら、なんと2002年の10月!(→参考
もう4年以上も前なんだ~。(驚)

いつかこの場所に行って、自分の目で見てみたい!!
2006.11.22

LAWSON×Miffy

ま、また始まるのね~!
ミッフィー絵皿プレゼントが!→こちら

次の絵皿は『ゆきのひのうさこちゃん』
その次は写真が小さくてよく見えないけど
花柄のワンピースのようなので『うさこちゃんのたんじょうび』かな?

どちらにしてもとんがり耳で嬉しい~♪♪
(手がけている方がとんがり耳好きに違いない!)

きっと、たぶん、また集めてしまうことでしょう・・・(汗)

Lilypie Third Birthday tickers

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。