--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.26

AUTOPOINTのTWINPOINT

ささやかな楽しみ、第2弾。

20071026.jpg 20071026175249.jpg
AUTOPOINTのTWINPOINTです。

20071026175239.jpg 20071026175229.jpg
メカニカルペンシルの一種だと思いますが、両端からが出るのが特徴的。
赤青鉛筆のホルダー版のよう。

ちなみに、の太さは1.1mmです。
(他に0.9mm、ボディーの色違いあり。)

こういうの、好きだなぁ。
スポンサーサイト

2007.10.19

コヒノールのカラー芯12色セット

久しぶりの文具ネタです。

最近1人で雑貨店や文具店をぶらぶらすることがなくなったので、
衝動的に無駄な買い物をすることはなくなりました。

が、今じゃネットで何でも買えるんですよねぇ。
嬉しいやら困るやら・・・(^-^;)。

20071019.jpg 20071019210944.jpg

で、久しぶりに「分度器ドットコム」さんでお買い物。
コヒノール「3.2mmカラー芯12色セット」です。
カラーの芯ってそんなに使わないくせにこういうセットものに弱いんですよね。。。
カラー芯は高いものが多いのだけど、これは300円とリーズナブル!

それにいかにも東欧の色使いのようで楽しみ~♪
色の組み合わせからもお国柄がうかがえて面白いなと思います。

同様にあまり活用していない(汗)3.2mmの芯ホルダーで、
とっかえひっかえ使ってみようかな。


思えば、実家で見かけた「カラー芯のセット」(多分こんなやつ)に、
小学生の頃とても憧れていたなぁ。

文房具好きは、きっとその頃からなんですね。
まだ今ほど「私、文房具好きなんです。」って言うような感じではなかったけど。
2007.01.29

やっと届いたペリカンデモンストレーター

かなり前に予約していたペリカンのデモンストレーターが
昨日ようやく届きました。

2007012901.jpg
ペン先はBです。(だから時間がかかったのかな?)

初のペン先Bで、かなり太目の文字がかけます。
必然的にノートではなく、カードなど大きな文字向き。

カリグラフィー用のペンにも入れている
このインクを入れて使うことにしました。
ドクターヤンセンのモーツアルトとショパンです♪(→こちら

たくさん使うぞ~!
2007.01.18

初めて買った芯ホルダー

年末に文房具関係の荷物を片付けたのに、Quo Vadisの福袋を買ったら、
また収納スペースがいっぱいになってしまいました。

結局、4つの小さな衣装ケースに何とか収まりました(?)
大きく分類すると「ノート」、「手紙」、「画材」、「ペン・インク」といったところでしょうか。
よくもまぁ、こんなに文房具類ばかり…(^-^;)


片付けていて1番最初に買ったのは何だろう、と思い返してみました。
昔から文房具は好きだったので、安いものはたくさん持っていたけど、
いわゆる、「いいもの」を買ったのはコレが最初だったと思います。

2007011801.jpg

ファーバーカステル ペンシル デザインシリーズ 138332 
エモーション ライトメープル 1.4mm芯

以前とある講座に通っていて、その時の講師の方が使っていたのが
このペンシルのブラウンでした。
使い込んで手になじんでいる様子を見て私も使ってみたい!
と思ったんですね、きっと・・・(^^ゞ

このペンシル、1.4mm芯という独自のものを使うのですが、
太さがちょうど良いんです!
2mm芯だと先が丸くなってきてしまいますが、それがなく
削ったあと、すこしこなれてきた鉛筆のような書き味がずっと続きます。

真ん中が太くなっているので滑ったりしないかと心配でしたが、
その部分は木なので、すべることもありませんでした。
くるくるっと回して芯を出す作業もちょっと楽しい♪

これからも大事に使っていきたいペンシルです。
2006.11.26

月光荘 ヌメ革ペンケース♪

結局、発売初日に通販にて買ってしまいましたぁ・・・。
はい、月光荘のヌメ革ペンケースと8B鉛筆キャップでございまっす。

IMG_1238.jpg IMG_1236.jpg

詳細はともっちさんがアップしてくれているので、
そちらをご覧くださいね。(こらこらっ)

この無垢でツルンとなめらかな革の手触りがとても良い~♪
思っていたよりもマチがあり、収納力もありそうです。
なにより鉛筆が入る長いサイズなので、
カリグラフィー用の万年筆やペンが入れられるのが嬉しい。
(意外とその長さのものって少ないのです。)

IMG_1223.jpg IMG_1225.jpg
待っていたかのように月光荘の鉛筆君にぴったりとおさまりました♪

上の写真とだいぶ色が違って見えますが、
キャップの方は101個目からのペンケースの素材と同じ
ブッテーロなので少し色が濃いですね。
ちなみにブッテーロのペンケースは、
デザインが同じでマークだけ右側に変わるそうです。

私のところに届いたものはNo,43。
それぞれどんな方が手にしているのでしょうか?


そして最後にとても素敵だなぁと思ったのがこちら。
IMG_1184.jpg
商品と一緒に送られてきた納品書に押されていたハンコです。
手彫り風の文字がとっても素敵~♪

FAXを送ったあとに確認の電話をしたのですが、
その時の対応がとても感じが良く、
そういう細やかな気配りがたくさんの人を惹きつける
月光荘画材店の魅力だなぁと思いました。

あ~、しあわせ。

というわけで、文章中でも勝手にお名前を記載してしまった
ともっちさんにTBさせていただきますm(_ _)m

2006.11.12

ボールペンとえんぴつのこと―銀座の小さな文具店

ボールペンとえんぴつのこと―銀座の小さな文具店 ボールペンとえんぴつのこと―銀座の小さな文具店
宇井野 京子 (2006/10)
木楽舎

この商品の詳細を見る


manuさんのところで拝見して、気になっていたこの本。
早速本屋で見つけて読み始めたら、あっという間に最後まで。

カタログ的なムック本や著書が多い中(それはそれで楽しいんですが)
これは宇井野さん、という方にものすごくお会いしたくなるような
(あ、1度お店でお目にかかってはいるのですが…)
エッセイとしてとても楽しめる本でした。

そして”1本筋の通っている様子”がとても凛々しい印象。

何かを選んで手にするとき、つい珍しいから、とか
廃盤になってしまうから、とか
そんな理由が心のどこかにあるんじゃないかなと、
あやふやな自分の姿勢に、疑問を投げかけたくなってしまいました。


そういえば。
五十音でえんぴつもボールペンも、買ってこなかったなぁ…。
2006.11.04

月光荘 ヌメ革ペンケース

11月16日に移転オープンする『月光荘画材店』
移転を記念して、『ヌメ革を使ったペンケースと8B鉛筆キャップ』が発売されるそう!

リンク→月光荘ブログ

これはかなりカワイイ~♪
ホルンの型押しがとても良いです。
鉛筆が入る大きさも、革のペンケースでは実はあまり見かけないし。

限定100個分は予約ができないそうなので、
直接お店で購入するしかない・・・?
それとも地方の販売店にも少しは置いてくれるのかな?

今後の情報が気になるところです。

Lilypie Third Birthday tickers

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。