--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.30

Christmas Alphabet Cards

Alphabetものが大好きな私。
これもAmazonで見かけて飛びついてしまいました。

IMG_1210.jpg
Christmas Alphabet Cards: Collectible Tin Set / Robert Sabuda

IMG_1216.jpg
"A is for Angel"というようにA~Zまで、
そのアルファベットにちなんだ単語のモチーフが
それぞれポップアップのカードになっているのです。

封筒も26枚ついていて、1枚ずつ送れるようになっています。
カードが入っている缶も素敵♪

IMG_1217.jpgIMG_1218.jpg
全部お見せしたいくらい!

このRobert Sabuda氏はポップアップで有名な方で、
下記のリンクの本などはご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

The Night Before Christmas: A Pop-Up (Classic Collectible Pop-Up) / Robert Sabuda、Clement Clarke Moore 他
The 12 Days of Christmas: A Pop-Up Celebration / Robert Sabuda

妹が持っていて見せてもらったことがあるのですが、
子供向けとは思えないような精巧なつくりで
ページをめくる度に美しいなぁ~、よくこんなの創れるなぁと
心から感動してしまいました。

タイミングよくMOMA Online StoreでもSabuda氏のカードが出ていました。
MOMA Online Store SABUDA Cards (一覧はコチラ
トップページに出ているハトのカード素敵だなぁ。
でも1枚1枚がイイお値段・・・(汗)
スポンサーサイト

2006.11.26

月光荘 ヌメ革ペンケース♪

結局、発売初日に通販にて買ってしまいましたぁ・・・。
はい、月光荘のヌメ革ペンケースと8B鉛筆キャップでございまっす。

IMG_1238.jpg IMG_1236.jpg

詳細はともっちさんがアップしてくれているので、
そちらをご覧くださいね。(こらこらっ)

この無垢でツルンとなめらかな革の手触りがとても良い~♪
思っていたよりもマチがあり、収納力もありそうです。
なにより鉛筆が入る長いサイズなので、
カリグラフィー用の万年筆やペンが入れられるのが嬉しい。
(意外とその長さのものって少ないのです。)

IMG_1223.jpg IMG_1225.jpg
待っていたかのように月光荘の鉛筆君にぴったりとおさまりました♪

上の写真とだいぶ色が違って見えますが、
キャップの方は101個目からのペンケースの素材と同じ
ブッテーロなので少し色が濃いですね。
ちなみにブッテーロのペンケースは、
デザインが同じでマークだけ右側に変わるそうです。

私のところに届いたものはNo,43。
それぞれどんな方が手にしているのでしょうか?


そして最後にとても素敵だなぁと思ったのがこちら。
IMG_1184.jpg
商品と一緒に送られてきた納品書に押されていたハンコです。
手彫り風の文字がとっても素敵~♪

FAXを送ったあとに確認の電話をしたのですが、
その時の対応がとても感じが良く、
そういう細やかな気配りがたくさんの人を惹きつける
月光荘画材店の魅力だなぁと思いました。

あ~、しあわせ。

というわけで、文章中でも勝手にお名前を記載してしまった
ともっちさんにTBさせていただきますm(_ _)m

2006.11.22

LAWSON×Miffy

ま、また始まるのね~!
ミッフィー絵皿プレゼントが!→こちら

次の絵皿は『ゆきのひのうさこちゃん』
その次は写真が小さくてよく見えないけど
花柄のワンピースのようなので『うさこちゃんのたんじょうび』かな?

どちらにしてもとんがり耳で嬉しい~♪♪
(手がけている方がとんがり耳好きに違いない!)

きっと、たぶん、また集めてしまうことでしょう・・・(汗)
2006.11.21

書道の時間

毎週火曜日は仕事が終わってから書道に通っています。

夜の時間帯なので、仕事帰りの方(20代~30代の女性)が多いのですが、
中には初老の男性や高校生もいたりして、話をすることはなくても
『書道』という共通の目的で同じ教室に集まっているんだなぁ、
あの方もがんばってるから私もガンバロ~、と刺激になります。

この11月で通い始めてちょうど2年。
結構がんばってる>私。σ(^-^)

毎月『手本帳』と『冊子』(昇段の結果や良い作品がのる)を2冊もらうため
かなりの数になってしまい、急遽整理をしました。
たまに自分の書が写真つきで載っていたりして、びっくり。
今まで1年以上気がつかず、そのまま捨ててしまうところでした(笑)

冊子と一緒に自分の字も改めて見返してみると、
少~しずつでも筆に慣れてきていることが分かり、嬉しい発見♪

やっぱり何事も継続が大事なんだと思った秋(冬?)の夜更けでした。

2006.11.16

五十音でみつけたスケッチブックカバー

なんと紹介したら良いのやら。

IMG_1118.jpg
スケッチブックと色鉛筆(もちろん鉛筆でもペンでもOK)
をセットできるスエードのカバーです。
もともと1冊付いていますが、月光荘のスケッチブックが
ちょうど入るくらいの大きさです。
(小さいものや色違いもありました。)

ペンケースと一緒に五十音で購入したものですが、今まで眠って…(汗)

IMG_1122.jpg
紐を巻きつけて結ぶようになっていて(巻き物好き)、
紐の先端には鉛筆削りがついています。
なので、やはり鉛筆や色鉛筆を入れるのがよさそう。

IMG_1126.jpg IMG_1125.jpg
パタンと開くと、全部で12本のポケットに1本ずつの色鉛筆。
鉛筆を入れてみたりもしたんですが、このカラフルな感じがやっぱりかわいい♪

これ1つを抱えてスケッチ散歩、なんてのに憧れますね~。。。
(あ、でも普通のメモ帳をセットして使うのもいいかもしれない!)
2006.11.12

ボールペンとえんぴつのこと―銀座の小さな文具店

ボールペンとえんぴつのこと―銀座の小さな文具店 ボールペンとえんぴつのこと―銀座の小さな文具店
宇井野 京子 (2006/10)
木楽舎

この商品の詳細を見る


manuさんのところで拝見して、気になっていたこの本。
早速本屋で見つけて読み始めたら、あっという間に最後まで。

カタログ的なムック本や著書が多い中(それはそれで楽しいんですが)
これは宇井野さん、という方にものすごくお会いしたくなるような
(あ、1度お店でお目にかかってはいるのですが…)
エッセイとしてとても楽しめる本でした。

そして”1本筋の通っている様子”がとても凛々しい印象。

何かを選んで手にするとき、つい珍しいから、とか
廃盤になってしまうから、とか
そんな理由が心のどこかにあるんじゃないかなと、
あやふやな自分の姿勢に、疑問を投げかけたくなってしまいました。


そういえば。
五十音でえんぴつもボールペンも、買ってこなかったなぁ…。
2006.11.07

MiffyのDiary+α

『美篶堂の丸背上製ノート』を使ってみようかと考えていたのに、
思わず、かわいさととある記録をつけるイメージにぴったりで
このノート(ダイアリー)を選んでいました。

IMG_1085.jpg IMG_1089.jpg
キャラクターのダイアリーを使うのはいつ以来だろう?
ガラじゃないケド・・・
表紙が白や黄色のものもあったけど(中身は同じ)、
裏表紙の犬の表情にやられて、オレンジにしました。

表紙のMiffyがとんがり耳でないのは残念だけど、
ほぼすべてのページにイラストが入っていて
その中にはもちろんとんがり耳のMiffyもいます。
ページをめくるごとに出てくる動物や小物のイラストがめちゃくちゃかわいい♪

IMG_1088.jpg IMG_1086.jpg
・見開き1ヶ月(2006年10月~)のあとに
・左側が1週間分、右側がフリーページ(2006年12月~)という構成。
フリーページにカードや写真がはれそうなのが気に入りました。

日記やアイデアはほぼ日手帳に書くので、
こちらは開いたときのかわいさ重視ということで。(何のこっちゃ。)

IMG_1084.jpg
あわせてくまちゃんのスタンプと計算機を購入。
計算機はiPod mini(すでに古いが)よりも薄くて幅も狭いくらいの大きさ。
アクセサリーのMiffyが引っかかって、カバーと本体がバラバラにならないのです。

ダイアリーの表紙のオレンジと、にんじんの色があってます。
Dick Brunaの描くMiffyの世界に統一感があるのは、色が限定されているせい。
あぁ、やっぱりいいなぁ。

これだけワクワクできるなら、たまにはキャラクターものも良いかも!

Lilypie Third Birthday tickers

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。