--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.25

快適HDD生活?

最新の電化製品に縁のない我家。
その我家に最近2つのHDD製品が増えました。

ひとつはHDDレコーダー。
再生専用のDVDの調子が悪かったため、代替として購入。
録画してまで見たい番組もそんなにないし、永久保存するようなコンテンツもない。
だからHDDなんて必要ない、と思っていたけど。

使い始めたら、便利です。(笑)


ふたつめはHDDムービー。
IMG_1798.JPG

たまたまこれなんかどうかなぁ、
と目をつけていた商品が現品特価になっていたので。

手のひらに乗るくらい小さくて、重さ約400g!
撮影したデータはPCやDVD-Rに保存しておけばよいし、今のところ快適に使えそう。

これから夏に向けて使い方に慣れておこうと思います。


これで我家も快適HDD生活なるか?!
スポンサーサイト

Posted at 23:35 | 十月十日 | COM(0) | TB(0) |
2007.03.23

手づくりする手紙

手づくりする手紙手づくりする手紙
木下 綾乃 (2007/03)
文化出版局

この商品の詳細を見る

ようやく手にすることができました。
週末に読もうかな。

楽しみです♪
Posted at 21:08 | 手紙 | COM(4) | TB(0) |
2007.03.16

とっておきの本に蔵書印を

20070316.jpg
これ、何だと思いますか?

そう、蔵書印(正式名は分かりません・・・)です。
伊東屋で蔵書にはるラベルと一緒に売られていて、
ラベルを貼った上から、消印のように押されていました。

20070316203711.jpg 20070316203738.jpg
ハンドル部分にイニシャルのシールが貼ってあり、
スタンプ面の大きさは約3.5cm×2.5cm。

「THIS BOOK BELONGS TO H」と書かれています。
イニシャルの周りの模様が素敵♪

コレを押すだけで、お気に入りの本やノートがぐっと引き立ちますね~!
Posted at 21:09 | 文房具 | COM(10) | TB(0) |
2007.03.14

いつの間にか

昨日産院で実施しているエコー検査に行ってきました。

妊婦健診でも毎回エコーで動く様子を見せてくれたり、
写真をくれたりしていますが、30分近く時間をかけて
じっくりと見せてもらったのは今回がはじめて!


続きを読む
Posted at 15:50 | 十月十日 | COM(0) | TB(0) |
2007.03.14

mini book Hana vol.6 手紙の贈り物

20070314.jpg
手紙ゴコロと旅ゴコロをくすぐる素敵な冊子に出会いました!
(詳しくはこちら

なんで郵便モチーフのものって、こんなにキュートなんでしょうねぇ!
黄色の封筒と薄いブルーの色合いもいい感じ。

20070314145829.jpg 20070314145911.jpg
中の写真は白黒ですが、写真とともに添えられたコメントにも愛情がこもっていて、
私もポストや郵便モチーフを見て回る旅に出かけたくなりました。

ヨーロッパの郵便の象徴がホルンなのは、
15世紀に郵便配達夫がその到着と出発を知らせるのに
環状のホルンを使っていたからだそう。

そんなエピソードを聞いたら、ますますホルンのマークに愛着が沸きますね♪
Posted at 15:10 | 手紙 | COM(2) | TB(0) |
2007.03.12

POSTALCO オリジナルノート

またPOSTALCOネタで恐縮です。

20070312.jpg 20070312201056.jpg
何か定番商品を手にしようと思い、購入したのがこちらのオリジナルノートです。

一緒についていた説明書きによると、
・ノートの表紙は"圧縮コットン"
・使い込むうちに色が褪せて表情豊かになる
・表面は防水加工
・方眼紙は無漂白パルプ
・ピングラフ(ブルーの1mm方眼紙)はポスタルコオリジナル
というような特徴があるそうです。

確かにしっかりした創りで、使い込むほどに味が出そうです!

どうやら最近黄色いものに惹かれる私は、この色をチョイス。
(色彩心理的に見るとどういう心境なんでしょう?ちょっと分析してみよう。)
他にもブルーやレッド、グリーンなどもありました。(→こちら参照)

紙ものだと、レターセットと封筒も素敵だったなぁ。
(ノートのリンクと同じページに紹介されています。)
2007.03.10

嘉瑞工房の葉書

POSTALCOでの収穫のひとつがこの葉書。

20070310.jpg
この文字と色合いが美しくて、思わず手にとっていました。
文字そのものの美しさもさることながら、文字の間隔が素晴らしい!!

すると店員さんが、日本で唯一の欧文文字の活版印刷ができる
『嘉瑞工房』で印刷されたものだと教えてくれたのです。
実際に工房を見学されたそうで、目をキラキラさせながら
その時の様子を話してくれました。

※活版印刷(かっぱんいんさつ)とは、活版(活字を組み合わせて作った版)で印刷すること。(Wikipediaより)

文字の一つ一つがばらばらになっているため、
文字の間隔は職人の感覚によるものだそうです。

よく見ると文字の濃さが違っていたり、かすれがあったりして、
それが「味」になっているんだなぁと感じました。
すごいなぁ~!!

20070310220229.jpg 20070310220252.jpg
他にもいくつかありました。
工房の簡易な見本帳としての役目も持っているこの葉書。

工房のサイト内にある見本帳も素敵♪
今読ませてもらっているブログ『小林章のドイツ日記』
かつてはこの工房のサイト内のコーナーだったなんてビックリ!

良い出会いに感謝です。

Lilypie Third Birthday tickers

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。